page top

AZEEはジスロマックと同様に様々な性感染症に対して優れた治療効果を持ったジェネリック薬です。

ジスロマックでクラミジア治療!

AZEE(アジー)について

AZEEパッケージ

AZEEはクラミジア・淋病・梅毒など様々な性感染症に対して有効な治療薬として人気の高いジスロマックのジェネリック薬品で、海外医薬品を取り扱う通販サイトで簡単に購入する事が可能です。
ジェネリック薬品でありながら、性感染症に対してジスロマックと同等の治療効果を持つAZEE(アジー)について詳しく解説してみましたのでぜひ参考にしてください。

AZEEの効果

女性

抗生物質の一種である有効成分のアジスロマイシンは、クラミジアの症状を悪化させる細菌に対して、増殖の原因となるタンパク質の合成を防ぐ事により増殖を抑えて症状を悪化させる細菌を死滅します。
主にクラミジア・淋病・梅毒などの性感染症の治療として用いられますが、他にも扁桃腺の腫れを抑える効果や歯周病の治療、皮膚の感染症やピロリ菌感染症の治療法としても幅広く使用されています。呼吸器や皮膚の炎症、耳鼻の炎症を抑える働きにも優れた効果があります。
通常の薬と比較すると成分濃度が高い薬で持続時間が長いため、短期間で完治できる優れた薬です。
抗炎症作用もあり感染による炎症や痛みを和らげる効果があります。一度服用すると体内で留まり長時間かけて作用する抗生物質です。
服用によりアレルギーを起こす事は少ないため、持病でアレルギーのある方にも安心して服用する事ができます。

AZEEの副作用

男性

AZEEは副作用の少ない薬ですが、稀に以下のような症状が現れる場合があるため服用後は注意が必要となります。

・下痢や嘔吐など胃腸や消化器官への副作用を起こす場合があります。
・皮膚に発疹や強い痒みが生じる場合には後に皮膚粘膜眼症候群へと病状が悪化する恐れがあるため、このような前兆が見られた場合には速やかに医師に相談してください。
・薬の効果持続期間が長いため服用を終えても副作用が起こらないか注意する必要があります。

これらの副作用が現れた場合や症状が続いた場合には、薬の服用を止めて速やかに医師へ相談するようにしてください。

服用方法

・薬の成分が高濃度であるため、1日1回の服用を3日間続けた場合は一度症状の進行を確認しましょう。
・3日間の服用で通常の薬の約7日分に値する効果があるため、服用回数を抑えましょう。
・消化器官系の副作用を起こす場合があるため、なるべく空腹時に服用するようにしましょう。
・症状が軽減した場合にも自身で判断せず、決められた服用期間を守りましょう。

服用に関しての注意点

手と薬

以下のような方にはAZEEを服用する際に注意が必要となります。

・重度の心臓病や肝機能の病気を患っている方の服用には注意が必要となります。
・頭痛薬など他の治療薬との併用は効果を薄めたり、体に悪影響を及ぼす場合があるため併用は止めてください。
・妊娠中の方に対しては安全性が確立していないため服用するには医師へ相談してください。
・アルコール類との併用は副作用を起こす危険性が高くなるため、飲酒時の服用は止めてください。
・長期服用して効果が得られなかった場合は、ウィルス感染の病気を発症している可能性があるため速やかに医師へ相談してください。

このようにAZEEにはジスロマックのジェネリックでありながら、性感染症に対して非常に有効な治療薬です。他にも皮膚感染症や歯周病の治療薬としても大きな役割を持っています。ジスロマックと同じ成分のアジスロマイシンを用いて優れた殺菌効果を発揮します。

服用期間

性感染症の中で一番感染者の多いクラミジアの治療に対してAZEE(アジー)を使用した場合、症状の回復次第になりますが服用期間は約1ヵ月ほど必要と言われています。
服用に関しては薬の用量によって異なり250mgは1日に2回、500mgは1日に1回、1000mgは3日に1回の服用を守りましょう。その後は、一度様子を見て症状の経過を確認しましょう。薬の持続効果が長いため3日の服用で1週間分の効果があります。
症状が良くなったと思っても自己判断せずに、最初の服用から約3~4週間ほど経過して一度病院にて再発の精密検査を行いましょう。もし陰性であれば投薬治療は終了となります。陽性反応が出た場合には診察により再度治療が必要となります。また、服用期間中は性行為を避けて治療する事に専念しましょう。
性感染症は徐々に体に悪影響を及ぼすもので、特にクラミジアは近年日本国内で若年層を中心に感染者を増やし続けています。治療をせずに放っておくとエイズや淋病を発症する確率が健康な人に比べて、約3倍~5倍以上にもなるため早期治療を行う必要があります。

幅広い用途

薬を飲む人

AZEE(アジー)といえば性感染症の治療薬に用いられるイメージですが、実は歯周病や扁桃腺の腫れを抑える効果があり耳鼻科や呼吸器内科などでも使用されており、幅広い症状に対して優れた殺菌効果を発揮しています。
歯周病や扁桃腺の腫れの原因は細菌が増殖する事により起こる症状ですが、AZEEの働きには殺菌作用があるためこれらの症状に対しても有効な薬とされています。主に細菌による二次感染を防ぐ事や予防の1つとして用いられます。
服用に関しては、性感染症での服用と同じように1日1回の服用を3日間続ける事で徐々に症状が改善されます。
しかしAZEEは殺菌作用や痛みを抑える効果はあるものの、歯周病や扁桃腺の腫れを治癒する正式な治療薬ではない事をしっかり認識してください。優れた細菌作用によって歯周病や扁桃腺の症状の進行や悪化を妨げる働きがあります。

AZEE(アジー)の通販

AZEE(アジー)の詳細

AZEE(アジー)はジスロマックという抗生物質のジェネリックとして有名な医薬品です。ジェネリック製薬メーカーとして知られる、インドに本拠を置くシプラ社より販売されています。有効成分はジスロマックと同じくアジスロマイシンであるため、同様の効果を得ることが可能です。
マクロライド系の抗生物質ですので、様々な感染症に対して有効です。服用すれば体内の菌を殺菌・抗菌してくれますので症状を緩和し治療していく事が出来ます。

適応する症状としては咽頭炎・扁桃炎・肺炎などの呼吸器の炎症。リンパ管やリンパ節の炎症にも効果が期待できます。泌尿器系ですと性病であるクラミジア淋病に対して効き目を発揮します、他にも歯周病など歯科医でも良く使われる医薬品ですので、ある意味では馴染み深い医薬品といえるでしょう。

ジスロマック

中でもクラミジアに対してはジスロマック、もしくはクラビットで対処することが多い症状です。ジスロマックのジェネリックであるAZEEもその選択肢の中に入りますが、海外製の医薬品であるため国内では処方されていません。入手する場合には個人輸入で手に入れるか、海外医薬品の通販サイトで購入する方法があります。

今では個人で海外から医薬品を輸入して販売している通販サイトが数多く存在しており、通常病院での処方が必要となる医薬品においても簡単に購入する事が可能です。 わざわざ病院へ足を運ぶ手間や移動費用・診察代・薬代を支払う必要もなく、空いた時間ですぐに購入できるため仕事や家事で忙しい人にとっても大変便利なツールです。特に移動費用や診察代は要らず、薬代のみ支払うと考えると出費が抑えられて経済的負担も減らす事ができます。

パソコン

取り扱いは海外医薬品のため薬についての説明は外国語で表記されていますが、購入先の通販サイトで薬についての説明はちゃんと日本語で表記されているため特に心配する必要はありません。なかなか通販で海外医薬品を購入する事に抵抗がある方でも、信頼性の高いサイトを利用する事で抵抗はなくなるでしょう。通販購入は多くの人にとって魅力的な利点があります。