page top

ジスロマックを高濃度で服用すると効果が一週間継続し、クラミジア菌を殺菌し症状が治まっていきます。

ジスロマックでクラミジア治療!

ジスロマックの効果

ジスロマック

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質です。世界的な製薬メーカーであるファイザー製薬が販売しています。有効成分のアジスロマイシンが細菌のタンパク合成を阻害し、増殖を防ぎます。その作用によって細菌は合成も増殖も出来ないため死に至ります。抗菌・殺菌して、体内から菌を消滅させる医薬品なのです。特に高濃度で摂取した場合その効果が顕著に現れます。

特に性病のクラミジアに対しては高濃度で服用したほうが良いと推奨されているため、250mgでは4錠。500mgでは2錠を一度に服用します。長く効果が残る薬ですので一回の服用で終了です。それは一週間続きますので、その後はクラミジア菌が残っていないか医療機関へ再検査へ行くようにして下さい。

とても高い効果を持っていますが、中途半端に服用してしまうと耐性菌となって体内に残ってしまいます。ですのできちんと用法用量を守り、必要であれば検査後にも服用をして下さい。完全に体内から消し去らなければ再発してしまい、厄介な事になってしまいます。そして相手がいる場合は、クラミジアを移してしまうこともあるので完全に治療を終えてから性行為に及んで下さい。

クラミジア以外にも、呼吸器疾患や尿道炎、子宮頸管炎、リンパ節の炎症にも効果を発揮する

クラミジア以外にも、呼吸器疾患や尿道炎、子宮頸管炎、リンパ節の炎症にも効果を発揮してくれます。歯周病に対しても効果があり、広い用途で使える優れた薬といえるでしょう。しかしそれが逆に仇となり、安易に処方してしまう医療機関も中には存在し、濫用してしまうと耐性菌を生み出してしまう原因ともなります。最近はそれに対しても危惧されているのです。

とはいえ、使い方さえ間違えなければ何も問題はありません。副作用についても比較的少ないです。仮に出てしまった場合、報告の多い症状は胃痛や下痢などが見られます。一時的なものですのですぐに治まりますが、続くようであれば医師に相談するべきでしょう。

本来は感染しない・させない事が一番気をつけるべき点

様々な感染症、中でもクラミジアには特に用いられる薬であります。本来は感染しない・させない事が一番気をつけるべき点でありますが、万が一感染した場合には一番初めに浮かぶほど効果に信頼が置けるのがジスロマックです。医療機関で処方してもらうか、海外医薬品の通販サイトで購入することで入手できます。通販サイトは国内の薬価よりも安い場合が多いので近年人気の入手方法になっています。