page top

ジェネリック医薬品は日本でも普及が進んでおり、世界的に見れば主流となっている先発薬と同等の効果を持つ医薬品です。

ジスロマックでクラミジア治療!

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品(単にジェネリックとも)は現在普及が進みつつあるいわゆる後発薬の事です。先発薬と同じ成分・製造方法で作られるため効果も変わらずに、しかも価格が安いのが特徴です。日本では国民皆保険制度があるため、先発薬が安く購入出来ます。そういった理由で普及は遅れていましたが現在は取り扱う医療機関が多くなっています。しかし海外はその逆で、保険制度がありませんのでジェネリックの方が主流となっています。

ジェネリックが作られるため

ジェネリックが作られるためにはまず先発薬の特許期間が切れなければなりません。特許期間とは先発薬を開発した製薬メーカーが独占的に製造販売できる権利の事をいいます。なぜそのような権利があるのかといえば、医薬品を開発するためには莫大なお金と多くの時間が必要なため、それらの回収と次の医薬品開発などに充てる資金を得なくてはならないからです。

その期間はおおよそ20~25年といわれています。そしてその期間が切れたときにようやくジェネリックとして販売が可能となるのです。実績のある薬をベースにするわけですから研究費用はそれほどまでかかりません。それにかかる時間も短くすみます。つまり一から開発するよりも大幅にそれらをカットできるため、先発薬よりも安く販売が出来るのです。

先発薬の開発、そして販売は大手製薬メーカーしかほぼ実現できません。潤沢な資金や研究施設があるためです。ジェネリックの製造販売も行っていますが、その多くは中小の製薬メーカーにより販売されています。もちろん品質にはなんら問題がありません。厚生労働省より認可を得られなければジェネリックも販売できないからです。そして製造にあたっても最高レベルの衛生環境でなければなりません。そういったものもきちんとクリアしていますので、安心して利用が出来ます。

インドの製薬メーカー シプラ社

もちろん海外製のジェネリックも同様です。特にインドの製薬メーカーは世界的に見てもそのシェアはかなりの割合を占めています。そして独自の法律によって、特許期間が切れていない成分を使いジェネリックを販売出来るため、貧困国にとってはインド製のジェネリックがなければ成り立たないくらいその需要は大きなものとなっています。