page top

クラミジアの他にも流行している性病があります。淋病や梅毒です。どのような症状を起こすのかを調べてみました。

ジスロマックでクラミジア治療!

クラミジア以外の性病

クラミジア以外の性病

性病の患者数は全体的に見ればピークよりも減少していますが、一つ一つの症状を見ていくと増加を見せている症状もあります。クラミジア、梅毒、淋病です。一番多くの患者を持つのがクラミジアなのですが、こちらのページではクラミジアに次いで患者数の多い淋病と梅毒について触れてみたいと思います。原因とその対処法をそれぞれ記述していきますので参考にしてもらえれば幸いです。

クラミジアに次ぐ患者数の淋病

クラミジアに次ぐ患者数の淋病

淋病は淋菌という細菌によって起こる性病の一つです。クラミジアに次いで患者数が多いと言われておりその感染力は高く、感染者と一度セックスを行うと約30%の確率で感染してしまうといわれています。この淋病も若年層の感染者が多く、自覚症状も少ないとクラミジアと良く似た傾向にあります。

症状としては男性の場合尿道炎や精巣上体炎が起こります。尿道から膿が出て来る場合があるので確認次第医療機関へ向かいましょう。女性に起こる症状は子宮頸管炎や尿道炎、骨盤付近が痛みます。またオリモノが増加したり臭いが出てしまう事もあります。不正出血やセックスの際に痛みを伴う事があります。治療には注射を症状によって実施をします。その後抗生剤の服用を行います。ジスロマックは淋病に対し有効な治療薬です。

現在また流行しだした梅毒

現在また流行しだした梅毒

梅毒トレポネーマという細菌が原因となり発症する梅毒は男性に増えている性感染症です。同性愛者によるセックスが最も多い感染理由になります。ペニシリンの発見以降減少傾向にあったのですが、大都市を中心に患者が増えています。また女性にも急増しているため要注意すべき症状と言えるでしょう。

症状には第1~4期と段階があり、10年以上に及びます。最終的には死に至ってしまい、江戸時代には恐れられていた病気として知られています。第1期は痛みの無いしこりやリンパ節の腫れが起こります。これが自然に消失するためこの時点で梅毒に感染しているという自覚が無く、セックスを行えば感染を拡げてしまいます。

第2期に入ると特徴的な赤い発疹が現れます。これも時期が経過すると消えてしまうことがあるのでこの時点でしっかり対処を行いましょう。先にも記述をしたペニシリンを使用すれば症状が治まります。抗生物質は間違えた使い方をすると耐性菌が発生する事がありますので、用法用量をきちんと守りましょう。