page top

日本で最も多い性病のクラミジア。感染してしまうとどのような症状が現れるのでしょうか?

ジスロマックでクラミジア治療!

クラミジアの症状

クラミジアの症状

クラミジアは現在最も多い患者数を持つ性病です。淋病梅毒など他の性病も近年流行していますが、クラミジアは特に10~20代の女性に多く見られる症状なのです。その特徴として自覚症状の少なさが指摘されます。自分が感染したと気付きにくく、そのままセックスを行うため感染の輪が広がるのです。男女どちらもそれにあてはまるのですが、男性は女性よりもいくぶん自覚症状を感じやすいと言われています。

クラミジアの原因

クラミジア・トラコマティス

クラミジア・トラコマティスという細菌により症状が現れます(画像はクラミジア・トラコマティスの拡大画像)。感染経路はほぼ性行為によるものです。オーラルセックスをすることでも喉に菌が滞在してしますので、不特定多数の相手とセックスを行うと感染が広がる危険性があります。咽頭クラミジアもまた自覚症状を感じにくく、感染拡大の理由として非常に危惧されているのです。

男性によく起こる症状

男性によく起こる症状

クラミジアに感染すると尿道炎を発症します。特に男性に多く見られる症状です。1週間ほど経過すると尿道に違和感が出てきます。さらに日が経つと尿を排出する時に痛みを生じます。尿が通る度に激痛が走り、排尿が困難になります。膿が出てくる場合もあり、その際は下着を汚れてしまいます。また女性の場合は性器以外にも腹部に細菌が入り込み症状として出る事があります。

女性に起こる症状

女性に起こる症状

最初オリモノの量が多いだけに留まっている症状(この時点で気付ければ一番良いのですが)のため、感染に気付きにくいと言われています。しかし日数が経つと色が変わったり、臭いがきつくなるためその時点で異常を感じたらすぐに医療機関へ行くようにして下さい。また7~20日経過すると子宮頸管炎が発症してしまう事があります。その場合、後遺症となり不妊症のリスクが高まるため、これから子供が欲しい女性にとってはとても怖い性感染症なのです。

また重症化してしまうと急激な痛みが下腹部に発生します。救急患者として搬送されなければならぬほどの痛みが起こると言われていますので、こちらにも要注意です。気付いた時点で治療を行う必要があります。治療にあたってはジスロマックもしくはクラビットを用います。特にジスロマックは高濃度で服用すると、1回の服用ですみますし高い殺菌効果があるためおすすめです。